リウマチ因子、抗CCP抗体、抗GAL欠損IgG抗体全てマイナス。

<53歳・女性>
朝のこわばりで指先を使うと痛くなり、近くのリウマチ専門医を受診。抗CCP抗体、リウマチ因子、抗GAL欠損IgG抗体、全てマイナスで、CRPも0.5以下。MMP-3が26.8と正常にもかかわらず、MRIを撮られ、リウマチの初期で治療が必要と言われ、セカンドオピニオンとして当院受診。

リウマチの活動性も全くなく、リウマチの診断基準も何一つ満たしていないため、リウマチは全くなく、リウマチの治療は当然必要ない旨を伝えた。

関連記事

  1. なぜ高齢者に多量の免疫抑制剤?

  2. リウマチと誤診。その後発症…

  3. 副作用の多いステロイドは離脱。症状は改善。

  4. ステロイドと「おさらば」

  5. 曲がらず歩けない膝が、スムーズに動き走れるまでに!

  6. リウマチではないのに治療なんてありえない!

PAGE TOP