なぜ高齢者に多量の免疫抑制剤?

<76歳・女性>
近くの整形外科でリウマチと診断され、プレドニン10㎎とリウマトレックスを1週間に5capを約30年間投与されていた。手足のしびれが増し、何度も感染症を起こしたり、一向にリウマチの症状も改善されず、変形もひどくなったりすることで、心配されたご家族がインターネットで調べ、セカンドオピニオンとして当院を受診。

調べてみると、貧血がひどく、リウマチの活動性は軽度であるが、関節の破壊を表すMMP-3は400超と高値。長期のステロイド投与による多発性神経炎を発症し、リウマチの治療が一向に効果がなかったことが予測された。

関節の破壊がひどくリウマトレックスは中止し、様々な副作用があるのでステロイドは早急に減量し、治療を変更する必要があると考え、新しいリウマチの薬を投与する予定である。

具体的な治療内容 生物製剤療法
副作用・リスク ※ 注射部位反応、上気道感染、肺炎、蜂巣炎、胃腸炎

※ 個人差はありますが、事前検査や上手な自己管理で、極力副作用を抑えることができます。

普通のリウマチで困っている方は、『リウマチが治った』・『リウマチが治った2』をお読みください。多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。このブログでは、そこに書けなかった症例を紹介しています。

書籍について


関連記事

  1. リウマチの体質があるだけでは治療しない。

  2. 体質があるだけで治療するのは間違い。

  3. 曲がらず歩けない膝が、スムーズに動き走れるまでに!

  4. リウマチ因子陽性のみで関節の炎症はなし。

  5. 今は動けて幸せです。

  6. 高齢者に多量の免疫抑制剤を出すなんてありえない‼…

PAGE TOP