寝込んで死にそうな状態から復活、先生とスタッフの明るい励ましに救われています

<SNさん>
突然手の指が腫れ、痛み出し、近医を受診しました。「リウマチが出ている!」と言われ、そこで1日入院し点滴や注射など治療を受けましたが、治るどころか症状はだんだん悪くなりました。リウマチで動けなくなり、そのまま亡くなった人を目にしてきた私は、自分も近いうちに死んでしまうかもしれない……と半ばあきらめていました。ほとんど介護状態で、自殺を考えることも何度かありました。

そんな姿を見かねた娘が篠原先生を見つけ出し、わいわいクリニックに連れて行ってくれました。

先生は、私のつらい気持ちを察してくださり、※新薬治療の話をしてくれました。副作用のことを気にする余裕さえなく、先生の「よくなります」という言葉だけを信じ治療に踏み切りました。治療後は先生のおっしゃる通りでした。楽に動けています。リウマトレックスも中止でき、身体はますます調子よくなりました。新薬治療は続けています。おかげで私を待ってくれているお客さんのところへ笑顔で行商できています。娘も私の回復ぶりに喜んでいます。わいわいクリニックでの治療が私の人生を変えてくれました。今は幸せです。

 

具体的な治療内容 生物製剤療法
副作用・リスク ※ 注射部位反応、上気道感染、肺炎、蜂巣炎、胃腸炎

※ 個人差はありますが、事前検査や上手な自己管理で、極力副作用を抑えることができます。

普通のリウマチで困っている方は、『リウマチが治った』・『リウマチが治った2』をお読みください。多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。このブログでは、そこに書けなかった症例を紹介しています。

書籍について


関連記事

  1. リウマチの体質あっても活動性がないなら③

  2. リウマチの体質があっても、活動性がない!①

  3. リウマチの体質ではあるが、活動性はない‼②

  4. リスクの少ないものを⑥

  5. 「リウマチ?」というくらい元気

  6. 免疫抑制剤で⑤

PAGE TOP