岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. リウマチ専門医・篠原佳年が「リウマチ医療」を問う(35)

リウマチ専門医・篠原佳年が「リウマチ医療」を問う(35)

更新日:2013.02.05

リウマチの患者さんには、
10年前から変形しているにもかかわらず、
治療が上手くいけば変形したところまでが元通りになると、
誤って思い込んでいる患者さんがたくさんおられます。

「すでに変形しているのに、
どんな新薬が出ても変形したところは治りませんよ」

と言うと、
皆さん一様に驚かれます。

「変形しているなんて一度も言われたことがないし、
薬が聞かないとも言われたことはないですよ」

と口々に言われます。
すべてはそれまでの長い年月を通じて、
自分自身に起こっていることに関心がない
ということに由来しているのです。

あなた以外にあなたを治せる人はいないのです。
自分にもっと関心を持ってください。
今起こっていることを受け入れることから、
すべてが始まるのだと考えてください。

(初出:「ザ・フナイ」2008年6月号、一部修正)

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ