岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. あまりにも多い間違ったリウマチ治療~典型的な8症例~

あまりにも多い間違ったリウマチ治療~典型的な8症例~

更新日:2018.02.05

院長からの緊急提言!!
リウマチには不適切な治療が多すぎる!

〔79歳男性〕
約1年前から、全国系列の大病院のリウマチ科で、悪性関節リウマチとの診断にて、高齢にもかかわらずプレドニゾロン1㎎が8錠、プログラフ2㎎が毎日処方されていた。胃薬、抗生剤など薬が増え始め、体調も崩れ症状も良くならず、体力低下も著しく悪化するため来院。ステロイド性の糖尿病も出現していた。
調べてみると、悪性関節リウマチの可能性は乏しく(ほぼなし)、リウマチの活動性のみ上昇していたので、抗リウマチ薬を変更する必要があると伝える。
初めの来院から約3か月にわたり、圧迫骨折のため入院。これは高齢にもかかわらずステロイドの大量投与による、胸椎から腰椎と広範囲の圧迫骨折が出現、来院できない状態であった。
骨折が治癒してから再来院後、アクテムラ(皮下注射)を開始してからステロイドは離脱でき、CRP、MMP-3なども正常化し、リウマチの活動性は消失したため、現在では通常の生活が送れている。薬は骨粗鬆症の薬のみ。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ