岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. あまりにも多い間違ったリウマチ治療~典型的な8症例~

あまりにも多い間違ったリウマチ治療~典型的な8症例~

更新日:2018.02.05

院長からの緊急提言!!
リウマチには間違った治療が多すぎる!
あなたは本当にリウマチ?

〔50歳女性〕
近くの病院でリウマチと診断され、約7年間アザルフィジン、リマチルの2種類を投与されていた。一向に手の指の関節痛が軽減せず、当院に本当にリウマチなのか知りたいと受診。
リウマチ因子が陽性なだけで、CRP、MMP-3、関節の炎症は認めず、レントゲンを撮ると変形性指関節症であり、リウマチの症状は無く投薬は中断し、手の痛みをレントゲンにて説明し、ご本人納得される。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ