岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. あまりにも多い間違ったリウマチ治療

あまりにも多い間違ったリウマチ治療

更新日:2018.04.23

<54歳 女性>
平成23年5月、両手が腫れたので近くのリウマチ科を受診。リウマチと診断され治療開始。リウマトレックスなど多くの薬を服用されていた。そのため肝障害が発生し、改善できなかったため治療を中止された。
その後、個人的な諸事情により病院を受診しなかった。
平成29年11月、知人の紹介により「今の自分の状態を知りたい」と、当院を受診。
検査をしてみると、リウマチ因子のみが陽性で、CRP,MMP-3は陰性、リウマチの活動性は全くみられなかった。手のレントゲンを撮ると、典型的な変形性指関節症であった。

3か月後、再度来院してもらったが、リウマチの活動性は認められないので、リウマチではない(今は発症していない)ので、症状が出ない限り治療は必要ない旨を、本人に説明した。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ