岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 間違いだらけのリウマチ医療

間違いだらけのリウマチ医療

更新日:2018.11.02

平成20年頃、右膝関節痛が出たため近医を受診。そこで関節リウマチと診断され、薬が処方された、。痛みが軽減したため、自己判断で治療を中止した。
平成24年頃、咳が続くため総合病院呼吸器科を受診。検査にてサルコイドーシスと診断され、肝硬変も合併していると言われた。サルコイドーシスの治療は、プレドニン(5)6T/日から開始された。漸次影が消失し、サルコイドーシスが治癒したため、プレドニンも減量後中止となった。
その頃より、右膝関節痛がまた出現したため、同病院のリウマチ科を受診。関節リウマチの再燃だと言われ、プレドニン(5)1T/日、ケアラム、リウマトレックスを処方された。しかし、ケアラムとリウマトレックスの副作用が出たため中止となった。ステロイドが処方されていて、副作用予防で抗潰瘍剤、睡眠薬などの薬が処方されていた。しかし、その後moon faceとなり、毛細血管が拡張し顔が真っ赤になり、気分も良くなく、眠れない状態が出現。その旨を主治医に訴えるも、薬の見直しをしてくれず、心療内科の受診を勧められた。
約2年間、プレドニンのみの治療をしてきたが、一向に両膝の痛みがとれず、上記の様々な症状も軽快しないため、インターネットで調べて、当院を受診することにした。
私が、持参された検査データを見ると、CRP(6+)、MMP-3 221と上昇しており、リウマチの活動性は高く、貧血も出現していて、とても良くない状態であった。右手首の変形は目立ち、両膝には関節液が貯留していて、歩行困難な状態であった。
前医で肝生検されて肝硬変と診断がついていたが、当院での血液検査では、慢性肝炎に近いデータであった。
今後当院では、治療をアクテムラに変更し、ステロイドの減量を開始した。2~3か月後には、諸症状もすべて消失し、ステロイドも中止できると考えている。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ