岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 間違いだらけのリウマチ医療

間違いだらけのリウマチ医療

更新日:2018.11.09

平成29年11月頃より、右肩痛が出現したため、近医の内科を受診。打撲と診断され、痛み止めを服用。しかし、徐々に両手指の腫れや手首の痛みが増強したため、総合病院リウマチ科を受診。リウマチと診断され、プレドニン10㎎/日、アザルフィジン2T/日を処方された。その後、症状が改善したため、プレドニンは4㎎/日まで減量となった。
その頃より、右肩痛、両手首痛、左手指の痛みが出現。主治医に訴えるも、全く聞いてもらえず、「現状維持でいきましょう」と言われたため、知人の紹介で当院を受診することとなった。
当院では、ステロイドを中止するために、治療をアクテムラ点滴に変更。
現在は、炎症反応も痛みも軽減。
ステロイドは近々中止する予定である。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ