岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. リウマチについて少しでも不安があれば、当院にご連絡ください。                                          「リウマチはきっとすぐよくなります」                                  当院では、原則ステロイドは使用していません。

リウマチについて少しでも不安があれば、当院にご連絡ください。                                          「リウマチはきっとすぐよくなります」                                  当院では、原則ステロイドは使用していません。

更新日:2018.12.11

<85才 女性>
平成28年、草取り中に下肢のしびれ、膝、股関節に痛みがあり、動きにくくなる。近医を受診し、血液検査にてリウマチと診断され、プレドニン5㎎/日、メトトレキサート4cap/週を処方され、ときどき肩などに局注を受けていた。
平成29年、主治医が変わったため、生物製剤のアクテムラが追加になった。炎症も関節痛も消失したが、6回目終了後ふらつきなどの体調不良があった。主治医はアクテムラの副作用と考えられ、中止になった。その後生物製剤のシンポニー(月1回)に変更された。
膝から下がカチカチに腫れ変色していると伝えると、主治医からプレドニンの副作用だと聞いた。しかし、生活しにくいため何とかならないかと思っていた。知人から「あまり変形がないので、私と同じようにリウマチがまだ発症していないのではないか」と言われ、当院受診となった。
持参された検査データを見ると、炎症所見はあまり見られなかった。レントゲンを撮ってみても、リウマチの変形はほぼ見られなかった。抗CCP抗体ははかられていなかった。MMP-3は一度もはかられていなかったが、リウマチ因子は600と高く、前医はリウマチ因子を定期的にはかり、それをメルクマールに治療を継続していた。そのため、85才と高齢にもかかわらず、使用すべきではないステロイドを処方され、リウマトレックス、シンポニーと非常にリスクの高い薬が出されていた。
すべきでないことがたび重なっていることは非常に遺憾である。
炎症がなければすべての薬を中止し、炎症があればアクテムラの治療を再開し、その他の薬は減量~中止する予定である。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ