岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 最近のリウマチ医療で苦しむ患者さんが増えている?

最近のリウマチ医療で苦しむ患者さんが増えている?

更新日:2013.02.05

最近は、早期発見、早期治療が方針となり、
リウマチと疑わしきは、
リウマチの診断基準を満たしていなくても、
症状を抑える目的でリウマチの薬剤が処方されるようになりました。
つまり、
専門病院におけるリウマチ治療は
一層悪化していると考えられます。

こうして、
リウマチかどうか分からない、
単なる関節炎であったかもしれない患者さんが、
リウマチの副作用の強い薬剤を投与された結果、
症状は改善するどころか
どんどん悪化するケースがたくさん出てきているのです。

リウマチに関する限り、
専門病院や大学病院の治療法は、
今や世界の趨勢ではありますが、
治療効果が上がってないばかりか、
悪化して苦しんでいる患者さんが
たくさん出てきているという事実をお伝えしておきます。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ