岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 誤診が新たな問題を引き起こす

誤診が新たな問題を引き起こす

更新日:2013.02.05


私は、専門の大病院でリウマチと診断され、
リウマチ薬を
長期にわたり処方された患者さんを診るたびに、
ほんとうはリウマチではないにも関わらず、
強力な免疫抑制剤などの投与で、
身体がぼろぼろになった症例にたくさん遭遇しました。

誤診の多いリウマチ

どう診てもその症状は、
治療が間違えたことによる薬害によるものとしか思えず、
このような医療が現に今行われていることに、
強い憤りを感じております。

薬剤は必要なものであるかもしれませんが、
副作用が必ずありますので、
医師として処方するときには、
細心の注意が必要なことは言うまでもありません。

本来、人間の身体には、
細菌に感染した場合には
白血球を増加させて対抗したり、
ウィルスで風邪になったときなど、
身体が高熱を発してウィルスを抑制するなど、
自分の身体を自分で治癒する力が備わっているものです。
これを“自己治癒力”といいますね。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ