岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. リウマチ専門医・篠原佳年が 「リウマチ医療」を問う

リウマチ専門医・篠原佳年が 「リウマチ医療」を問う

記事一覧

リウマチ専門医・篠原佳年が 「リウマチ医療」を問う(4)

更新日:2013.02.05

リウマチという病気は免疫異常の病気で、
急性炎症を伴うものです。
炎症もていところに変形はみられません。
活動性はあっても比較的ゆっくり進行するので、
一般的には生命にかかわりません。

この診断基準(前回参照)を用いれば、
専門医でも、
専門でない一般の医師でも
「リウマチ」と診断するのは難しいことではありません。
でも実際は、このことを全く知らなかったり、知っていても無視したりして
活用されていないケースが多くみられました。

(初出:「ザ・フナイ」2008年6月号、一部修正)

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ