岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 今、言いたいこと

今、言いたいこと

記事一覧

治療を受けて炎症や痛みがまだあるのなら、リウマチの治療がうまくいっていない可能性があります。おそらくCRPも上昇、MMP-3も上昇していると思われます。治療の変更が必要です。

更新日:2018.06.04

何とも言えず、怒りがこみあげてくる症例

<76歳・女性>
近くの整形外科でリウマチと診断され、プレドニン10㎎とリウマトレックス5カプセル(一週間)を約30年間投与されていた。手足のしびれが増し、何度も感染症を起こし、一向にリウマチの症状も改善されず、変形もひどくなったということで、心配されたご家族がインターネットで調べ、セカンドオピニオンとして当院を受診。
調べてみると、貧血がひどく、リウマチの活動性は軽度であるが、関節の破壊を表すMMP-3は400超と高値であり、長期のステロイド投与による多発性神経炎を発症し、約30年も行ってきたリウマチの治療が一向に効果がなかったことが予測された。
関節の破壊がひどく、リウマトレックスは中止し、様々な副作用があるので、ステロイドは早急に減量し、治療を変更する必要があると考え、新しいリウマチの薬を投与する予定である。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ