岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 今、言いたいこと

今、言いたいこと

記事一覧

後日談

更新日:2018.05.08

<85歳 男性>
微熱が続くため、再来院。
食欲もあり体調に変化はないが、検査をしてみるとCRPの軽度上昇が続いていた。
内臓からの熱かもと思いデータを見直したところ、アルブミン・血小板・コレステロール・コリエステラーゼが少し低く、すべての肝臓の機能が少し低下していた。軽度の肝硬変に近い状態であった。
また肝臓での貯蔵鉄フェリチンは1000を超えており、ヘモクロマトーシスを発症していると考えられ、至急専門医を受診し治療するよう紹介状を書く。
家族に聞くと、昨年11月からフラフラするということで貧血だと診断され、11月から2月まで毎日貧血の点滴を行っていたそうだ。
鉄の過剰投与がヘモクロマトーシスの発症の原因と思われる一例。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ