岡山県倉敷市、リウマチ・内科・聴覚ドッグ、医学博士・篠原佳年の【わいわいクリニック】

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 快癒の心得

快癒の心得

記事一覧

滅多にないことですが、CRPがマイナスでMMP-3 のみ上昇している方は、今の治療がうまくいっていないので、当然薬の追加か治療の変更が急務です。たくさんの方がプレドニンを服用されていますが、根本的には抗リウマチ薬ではありません。服用をされている方、服用を中止されたい方は当院にご相談ください。

更新日:2018.03.12

リウマチ歴約40年の院長の怒り心頭のこととは?

リウマチの体質があるだけで、活動性を表す炎症所見も滑膜炎も全くないのに、簡単に専門医で劇薬の抗リウマチ薬(抗がん剤)やステロイドが処方されるケースが度々みられる。
この様な間違った治療は、すぐにやめるべきである。患者さんの生命にかかわる重大な問題であることを認識すべきである。
リウマチは今は治る病気なので、専門医には新しい治療法に関心をもって早急に取り組んでほしいと思っている。

ピックアップ

リウマチ医療の新局面

リウマチ医療の新局面

併用薬剤が徐々に不要に。薬剤の常識を覆す驚異的効果。

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚への気づきが人生を変える

聴覚セミナーの様子を動画にてアップしております。

 
症状が改善しない、現在されている治療の効果が感じられない・・・そんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ