リウマチとは、免疫の異常によって関節で炎症が起き、腫れや激しい痛みが生じ、軟骨や骨が破壊されて関節が変形し、関節としての機能が失われる病気です。関節の内側を包んでいる滑膜が炎症を起こし、慢性化すると滑膜が増殖して周囲の組織を破壊します。

患者数は全国で70~80万人いると推定され、女性に多く、発症する年齢は30代~50代がピークです。最初は手や足の指の関節が対称性に腫れ、朝にこわばるようになります。発熱やだるさ、食欲の低下など全身の症状が現れることもあります。

かつてはゆっくりと進行する病気と考えられ、治療薬も限られたものでしたが、近年は生物学的製剤などの開発が進み、早期から十分な治療により関節の機能やQOLの改善につながることが示されています。

リウマチの原因

リウマチは、免疫の異常により起こると考えられています。免疫は通常、外から体の中に侵入してきた細菌やウイルスなどの病原体を攻撃して、体の外に追い出すシステムですが、関節リウマチでは、その免疫に異常が生じて自分自身の細胞や体を攻撃するようになり、関節内の炎症を引き起こしています。

本来は関節液を作り、関節の機能を支える滑膜に炎症が起こり、炎症が長期化すると関節の破壊につながります。その結果、関節の隣り合う骨が癒合して固まってしまったり、関節構造のゆるみにより脱臼して機能が損なわれたりする場合もあります。手や足の指など小さい関節に発症する場合が多いですが、経過が長くなると膝・肩・股関節などの大きな関節に炎症が波及することも少なくありません。

免疫がなぜ異常を起こすのか原因については現在のところ完全にはわかっていませんが、遺伝的要因や喫煙習慣、歯周病との関連が指摘されています。

リウマチの検査・診断

リウマチは問診や体の診察の他、画像検査や血液検査を組み合わせた上で、アメリカリウマチ学会の分類基準に基づいて診断される場合が多いです。

レントゲン検査は関節の全体像を知るうえで今なお重要な検査ですが、超音波検査では滑膜の炎症をリアルタイムで観察できます。炎症を起こした滑膜は肥厚し、内部に異常な血流が見られます。関節液が増えると拡張した関節腔が観察でき、骨皮質が虫食い状にむしばまれている様子(骨びらん)も比較的早期から診断できます。骨びらんの早期診断ではMRI検査も有用ですが、検査に時間とコストがかかることが欠点です。

血液検査では炎症反応やリウマトイド因子、抗CCP抗体が診断に有用で、その他甲状腺の検査や抗核抗体、ウイルス検査などで関節炎を起こすその他の疾患を鑑別します。

リウマチの治療法

リウマチの治療は薬物療法・手術療法・リハビリテーション・セルフケアの4本柱が基本となります。

薬物療法には非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)・副腎皮質ステロイド・疾患修飾的抗リウマチ薬(DMARD)・生物学的製剤があります。このうちNSAIDやステロイドは比較的迅速に疼痛や腫脹などの症状を緩和させますが、関節破壊を抑制する効果は少ないです。メトトレキサートをはじめとするDMARDや、免疫学の最新の知見に基づいて開発された生物学的製剤は、異常を起こした免疫を抑え、関節破壊を抑制しますが、効果の出方に個人差があるほか、特有の副作用やコスト面の問題もあり、治療法の選択には専門医師の判断を要します。

治療の進歩により件数は減少しているものの、関節の炎症が長期間コントロールされず、関節が変形し機能が廃絶した場合、人工関節に置き換える手術が必要になることがあります。

悪性関節リウマチ

頻度は少ないですが、関節リウマチに血管炎を合併した場合を、悪性関節リウマチ(特定疾患)と呼びます。
全身、特に心臓、肺、神経、目、皮膚などに血管炎の症状が出現します。
この場合の治療には、抗リウマチ薬ではなくステロイド剤や免疫抑制剤などを用います。

リウマチの治療薬
当院のリウマチ治療
PAGE TOP