あなたは『貧血』ではありませんか?

「疲れやすい」「気候の変化についていけない」「元気が出ない」「冷える」などといった症状はありませんか?このような症状があれば『貧血』になっている可能性が大です。

ここでは、貧血について簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

まずはHb(ヘモグロビン)をみてきいきましょう。

検査項目 症状
Hb(ヘモグロビン) 女性:11.6以下 貧血
男性:13.7以下

主に、『鉄欠乏性貧血』『加齢による貧血』『腎性貧血』が考えられます。

次にMCHC、MCVをみてみましょう。

検査項目 症状 対処法
MCHC 33以下 鉄欠乏性貧血 鉄剤投与
MCV 低値
MCV 90以上 加齢によるビタミンB群の不足 治療必要なし

※30以下は極端な鉄欠乏。早急に治療が必要です。

さらに詳しく知るために、血清鉄、フェリチン、TIBCをみていきましょう。

検査項目 症状 対処法
血清鉄 60以下 鉄欠乏性貧血 鉄剤投与
フェリチン 10以下 鉄欠乏性貧血
(貯蔵鉄が全くなくなっている)
TIBC 上昇 鉄欠乏性貧血
(体が鉄を必要としている)

※血清鉄が低値でもフェリチンが正常または高値の場合の貧血は、「炎症」による「鉄の利用障害」が起きているということになります。「炎症」を止める治療をすれば貧血は改善します。(当院では関節リウマチが専門なので、フェリチンが多いのに貧血が起きているケースが多くみられます)

参考

Hb(ヘモグロビン)※ 色素量
MCV 赤血球の大きさ
MCHC 赤血球の濃度
血清鉄 血清中の鉄量
フェリチン 貯蔵鉄、身体に蓄えられた鉄量
TIBC(鉄結合能) 鉄欠乏の指標

※赤血球に含まれる「ヘム(鉄)」と「グロブリン(たんぱく)」の集合体。酸素と結合して全身に運ぶ役割(不足すると体が酸欠状態になる)

見逃してはいけない貧血

炎症による貧血(鉄の利用障害)

血清鉄が低値でもフェリチンが正常または高値の場合の貧血は、「炎症」による「鉄の利用障害」が起きているということになります。「炎症」を止める治療をすれば貧血は改善します。(当院では関節リウマチが専門なので、フェリチンが多いのに貧血が起きているケースが多くみられます)

かくれ貧血(潜在性鉄欠乏性貧血)

貧血と同様の症状があるのにHb血清鉄も正常値で、貧血ではないと言われたら、「フェリチン」を調べてください。もし50よりもはるかに低値なら、あなたは『潜在性鉄欠乏性貧血』でいわゆる『かくれ貧血』です。よく女性の「不定愁訴」で、どこの病院で診てもらっても「どこも悪くないですね」と言われることが多い病気です。この場合も、鉄剤の投与を行えば症状は改善します。

貧血治療は、わいわいクリニックへ。


PAGE TOP