成人スチル病と診断されるまで

大学病院でも無視された!
<45歳 女性>
平成4年頃、急な発熱と身体が動かなくなる症状が出現。近医を受診したところ、病名ははっきりしなかったが、膠原病と想定され、プレドニン(5)3Tを処方され、症状は改善した。

ステロイドが継続して処方された。診断がつかなかったままで不安に思い、平成14年頃大学病院を受診した。そこで、17才発症のため、若年性特発性関節炎ではなく成人スチル病と初めて診断され、プレドニン(5)2T、メソトレキセート(2.5)6c/週に治療を変更された。

平成18年から、さらにレミケードが追加され、ステロイドが10㎎と減量となった。

平成23年頃より、エンブレル(10日に1回の皮下注)と、メトトレキサート(2)3c/週、プログラフ3T /週と治療が変更となった。

しかし、長期にわたる治療も全て効果がなく、体調もすぐれず、自己判断によって注射や内服を止めていた。その頃、主治医からは、エンブレルではなく違う生物製剤を勧められていたのも、中断の一因となった。

その後約3ヶ月通院しなかったが、最初は体調悪くなく調子も良かったが、寒くなると調子が悪くなり、以前に診てもらおうと思っていた当院を受診することとなった。

当院で検査してみると、リウマチ因子、抗CCP抗体、抗GAL欠損IgG 抗体もなかった。

患者さんが15歳までの発症ならば、若年性特発性関節炎と診断がつくだろうが、17才発症なので、成人スチル病と診断されるまで、時間がかかったようだ。

現在は、ステロイドなどを使わない生物製剤で、寛解状態となっている。

関連記事

  1. 実は多い!リウマチ性多発筋痛症

  2. 総合病院で病名が告げられないまま、リウマチの治療をされていた…

  3. リウマチ因子、抗CCP抗体マイナス。MMP-3(滑膜炎)のみ…

PAGE TOP