リウマチと誤診された正常な人

リウマチ専門病院と大学病院で誤診された患者さん

今回ご紹介するのは、リウマチと診断され内服治療をしていたが、リウマチではなかったという70代男性の方です。

≪受診前の経過≫
両膝関節痛が出現したため、リウマチの専門病院を受診しました。リウマチと診断されましたが、念のためにと大学病院を紹介されました。大学病院でもリウマチだろうということで、免疫抑制剤リウマトレックス4cap/週の内服治療が開始されました。内服していても症状は一向に改善しなかったので友人に相談すると、当院を紹介されました。そしてはるばる遠方から、バスと電車を乗り継いで来院されました。

≪当院初診時の所見(炎症の有無)≫
農業をされていることもあってか、手指はごつごつしていて、ヘバーデン結節が目立ちました。膝関節のレントゲンをみると、軟骨がすり減り、歩行に支障があるように思えました。
検査すると、リウマチ因子、抗CCP抗体ともになく、全身の炎症を表すCRPも、関節の炎症を表すMMP-3も正常でした。病気はどこにもないのに、リウマチの専門病院や大学病院で誤診し、治療をするという何とも残念なケースです。この方は副作用がなく、お元気なことが幸いでした。
近々来院されるので、リウマチではない旨を詳しく説明し、エアロバイクなど負担の少ない筋トレやリハビリのアドバイスをしようと思っています。

この方のように、リウマチと診断されていても、リウマチ因子、抗CCP抗体がない方はリウマチではなく、CRPもMMP-3も正常だという方は治療の必要はない、ということを理解してください。
もし心配なことがあれば、お気軽にご相談ください。








その他の改善症例につきましては、
院長著書『リウマチが治った』『リウマチが治った②』をお読みください。
多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。

書籍について
PAGE TOP