リウマチの体質はないが、リウマチに似た症状がある

間違いだらけのリウマチ医療 必要のない薬が次から次へと

今回ご紹介するのは、必要のない治療をされていた60代男性です。

≪受診前の経過≫
2021年10月、左手指に腫れと痛みが出現。その後、右手にも痛みが出現し、ペットボトルの蓋があけられなくなった。
11月、総合病院の整形外科を受診。検査(血液・レントゲン)の結果、変形性指関節症で、第一関節はヘバーデン結節と診断され、鎮痛塗り薬が処方された。
2022年1月、症状が改善しないため、再度受診。検査(血液・レントゲン)の結果、リウマチはないと言われた。
4月、担当医が変わり、痛みが治まらないことを伝えると、プレドニン(5)1Tが処方された。その後、プレドニンは7㎎/日となり、痛みは消失した。
10月、また担当医が変わり、「プレドニンの処方はできない。当院ではリウマチのような病気の治療はできない」とのことで、リウマチ専門クリニックに転院を余儀なくされた。
紹介されたクリニックを受診すると、検査の結果「リウマチ因子も炎症所見もないが、MMP-3が高値」だということで、関節リウマチと診断され、治療が開始された。プレドニン(5)1T、リウマトレックス2cが処方され、その後ケアラムが追加となった。
2023年6月、MMP-3が高値のままなので、生物製剤アクテムラの追加を告げられた。
今までも少しは感じていたが、薬が多いと思い、薬剤師をしている娘に相談。「あまりにも薬が多いので、セカンドオピニオンを受けたらどうか」と勧められ、ネットで検索。自分と似たような症例を当院ホームページで見つけ、電話相談となった。

≪当院初診時の炎症の有無≫
これまでの検査データをみると、
     ・リウマチ因子、抗CCP抗体 どちらも陰性で炎症もないので、関節リウマチはないことは明らか
     ・CRPの上昇は経過一度もない(治療すべき病気はない)
     ・MMP-3の上昇はプレドニン内服によるものと思われる
しかしこのドクターは、MMP-3の上昇を関節リウマチの活動性ありと思い込んだと、考えられました。
     ・初めの診断である、変形性指関節症(ヘバーデン結節)が正しいこと
     ・関節リウマチは初めからないので、今の治療は必要ないこと
     ・もちろん生物製剤アクテムラの治療もいらない
ということを説明しました。

このケースの問題点は、
①変形性指関節症(ヘバーデン結節)は老化現象なので、痛みがあるときは鎮痛剤くらいしか治療がないことを、はっきり説明しなかったドクターA
②変形性指関節症なのに、痛みがあると言われたことで、処方すべきではないリスクの高いプレドニンを7㎎も投与し続けた、罪の重いドクターB
③変形性指関節症で、特別な薬はないということを詳しく説明もせず、プレドニンを出したくないがために、一方的にリウマチ専門クリニックに、転院させたドクターC
④リウマチ専門クリニックのドクターでありながら、リウマチ因子も炎症所見(CRP)もなく、リウマチは存在しない。それなのにMMP-3が上昇していただけで、リウマチと診断し、プレドニン、リウマトレックス、ケアラムを投与し、さらにはアクテムラも投与しようとしたこと。(何を治すための治療なのか全く理解できていない。リウマチなど存在しないのに…)
MMP-3の上昇はプレドニンによるものだということを知らない、勉強不足だと思われるドクターD

全ての患者さんに伝えます。自分の病気をもっと知ってください。
・自分は何の病気なのか
・どんな薬を飲んでいるのか
・いつ治るのか
担当医に聞くべきであり、知るべきです。
答えが返ってこないのなら、医者(病院)を変えることも考えてください。

今は情報があふれている時代です。
決して医者任せにせず、自分の病気や飲んでいる薬について調べ、患者としての自覚を持っていただくことを、私は望んでいます。





リウマチに関するお悩み・ご質問は、
お気軽にご相談ください。


当院のリウマチ治療 リウマチSOS



その他の改善症例につきましては、
院長著書『リウマチが治った』『リウマチが治った②』をお読みください。
多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。

書籍について

リウマチの体質はないが、リウマチに似た症状がある

  1. リウマチ専門医なのに、リウマチ性多発筋痛症をよく知らない

  2. 高齢者に安易にステロイドを使うな

  3. 抗CCP抗体陽性でも、関節痛と体調不良はリウマチのせいではない

  4. 間違いだらけのリウマチ医療⑬

  5. 膠原病も体質があるだけで活動性がないので、治療はまったく必要がない

  6. 間違いだらけのリウマチ医療⑪

  7. 間違いだらけのリウマチ医療⑨

  8. 間違いだらけのリウマチ医療⑧

  9. 間違いだらけのリウマチ医療⑤

  10. 間違いだらけのリウマチ医療④

  11. 母と同じリウマチだと思ったが、老化に伴った変形性指関節症だった

  12. リウマチはなく、その他の膠原病の発症もなし

  13. 手の変形はリウマチではなく変形性指関節症

  14. 間違いだらけのリウマチ医療 必要のない薬が次から次へと

  15. 突然全身に強い痛みが…いったい何の病気

  16. リウマチの検査もせず、CRPだけでリウマチ性多発筋痛症と即断。またも整形。

  17. 症状だけで検査もせずPMR(リウマチ性多発筋痛症)と診断し、プレドニン10㎎も投与。またも整形。

  18. リウマチと誤診された、リウマチ性多発筋痛症

  19. 関節リウマチは誤診。リウマチ性多発筋痛症が正しい診断。

  20. リウマチ性多発筋痛症で治療していたが、関節リウマチに診断が変更…なぜ

  21. 膠原病でシェーグレンの可能性があると言われていた。最近朝のこわばりやふくらはぎの痛みが出現したので、リウマチではないかと当院受診

  22. 初期の関節リウマチと診断され、リウマトレックスが処方されたが、実は変形性膝関節症だった

  23. 変形性膝関節症が関節リウマチと間違えられたケース

  24. ドクターの思い込みで関節リウマチと誤診される

  25. たとえリウマチの体質があったとしても、炎症所見がなければ治療は必要ない

  26. 大学病院で回帰性リウマチと診断され、薬を処方された患者さんが来院。関節痛があり検査するも炎症所見は全くなく、誤診だった。

  27. 誤診   潰瘍性大腸炎(自己免疫疾患)であったがために、ただの足の痛みが関節リウマチと誤診され治療された

  28. 誤診   両肩の関節痛が、大学病院でリウマチと誤診される(リウマチ因子や炎症反応全てなし)

  29. 誤診   リウマチ因子も抗CCP抗体も、炎症所見も何もないのにリウマチと診断(総合病院リウマチ科)

  30. 治らなかった首の痛みが、股関節の調整で改善

  31. どこの整形外科に行っても治らない左肩の激痛で夜も眠れず。当院での股関節調整法で、直後に症状改善

  32. また「MMP-3(関節の破壊)の上昇」の理解ができないリウマチの専門医。関節リウマチと誤診し、間違った治療へ。

  33. 誤診⑱五十肩を関節リウマチと診断し、免疫抑制剤を投与されそうになった

  34. リウマチ性多発筋痛症…また関節リウマチと誤診され治療

  35. 全く健康な女性をリウマチに仕立て上げ、色々な生物製剤を投与(誤診と詐欺)

  36. どこの病院でもわからない病気、リウマチ性多発筋痛症(いつもリウマチと誤診される)

  37. 老化による指の変形をリウマチと誤診(総合病院リウマチ科)

  38. 「原因不明の痛み」大学病院でも診断がつかない

  39. リウマチ性多発筋痛症、大学病院でもリウマチと誤診されやすい

  40. 整形外科でも総合病院のリウマチ科でもまたまた誤診。病気でない人がリウマチに。

  41. リウマチではないのに一方的に誤診され、劇薬のステロイド剤と免疫抑制剤が処方されたケース(まさに詐欺行為)

  42. リウマチは全くないのに、足を見ただけで「リウマチ」と診断されたケース

  43. 誤診に誤診を重ねたケース②全く正常なのにリウマチと誤診され、様々な生物製剤を投与。副作用で皮膚症状が出るとリウマチ性乾癬と誤診し、その治療まで。

  44. 誤診されたうえに、入院・手術までされたケース

  45. リウマチが全くないのに、変形性指関節症をリウマチと誤診。必要のないプレドニンやリウマトレックスが出されていた。

  46. リウマチ性多発筋痛症と関節リウマチの二つの病名が付き、同時に治療をされていたケース

  47. 炎症所見も、リウマチ因子も抗CCP抗体も全くないのに、リウマチ治療をされたケース

  48. 原因不明の関節痛ーからだの歪みと筋力低下ー

  49. 当院ホームページ(リウマチ 誤診)でリウマチ性多発筋痛症が判明したケース

  50. リウマチ専門病院と大学病院で誤診された患者さん

  51. リウマチと診断された方の検査データ。本当はリウマチ性多発筋痛症だった

  52. リウマチ因子、抗CCP抗体、抗GAL欠損IgG抗体全てマイナス。

  53. 本当にリウマチ?

  54. リウマチではないのに治療するなんて

  55. リウマチ因子も炎症所見もない。それなのにリウマチ?

  56. 全くリウマチは認められない

  57. 診断基準を満たしていないのに治療?

  58. 炎症もはっきりしないのに、リウマトレックスは不必要。生物製剤はまったく必要ない。

    炎症もはっきりしないのに、リウマトレックスは不必要。生物製剤はまったく必要ない。

  59. 成人スチル病と診断されるまで

  60. 総合病院で病名が告げられないまま、リウマチの治療をされていた

  61. 実は多い!リウマチ性多発筋痛症

  62. リウマチ因子、抗CCP抗体マイナス。MMP-3(滑膜炎)のみ上昇。

交通アクセス

わいわいクリニック 外観写真

〒710-0133 岡山県倉敷市藤戸町藤戸2-10
TEL / 086-428-8525
受付時間 / 8:30~11:00 14:00~17:00(土曜 13:30~15:00)
休診日 / 木曜・日曜・祝日

診療時間
9:00~12:00 休診休診
14:30~17:30 休診休診

☆印の土曜日午後は 14:00~16:00 外来(相談)

PAGE TOP