リウマチと誤診された正常な人

リウマチ因子、抗CCP抗体、抗GAL欠損IgG抗体全てマイナス。

今回ご紹介するのは、リウマチの診断基準を何ひとつ満たしていないのに、リウマチと診断された50代女性の方です。

≪受診前の経過≫
朝のこわばりがあり、指先を使うと痛くなり、近くのリウマチ専門医を受診しました。抗CCP抗体、リウマチ因子、抗GAL欠損IgG抗体、全てマイナスで、CRPも0.5以下。MMP-3は26.8と正常でした。それでも、MRIを撮られ、「リウマチの初期で治療が必要」と言われ、薬を処方されました。しかし、「本当に私はリウマチなのか」と疑い、セカンドオピニオンとして当院を受診されました。

≪当院初診時の所見(炎症の有無)≫
リウマチの活動性も全くなく、リウマチの診断基準も何一つ満たしていないため、「リウマチはではない。当然治療など必要ないです」と伝えました。

上記のように、リウマチと診断されたけど、自分は本当にリウマチなのかな?などと悩まれている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。








その他の改善症例につきましては、
院長著書『リウマチが治った』『リウマチが治った②』をお読みください。
多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。

書籍について

リウマチと誤診された正常な人

  1. 全く健康な女性をリウマチに仕立て上げ、色々な生物製剤を投与(誤診と詐欺)

  2. 老化による指の変形で、リウマチと誤診(総合病院リウマチ科)

  3. 整形外科でも総合病院のリウマチ科でもまたまた誤診。病気でない人がリウマチに。

  4. リウマチではないのに一方的に誤診され、劇薬のプレドニンとリウマトレックスが処方されたケース(まさに詐欺行為)

  5. リウマチは全くないのに、足を見ただけで「リウマチ」と診断されたケース

  6. 誤診に誤診を重ねたケース②全く正常なのにリウマチと誤診され、様々な生物製剤を投与。副作用で皮膚症状が出るとリウマチ性乾癬と誤診し、その治療まで。

  7. リウマチが全くないのに、変形性指関節症をリウマチと誤診。必要のないプレドニンやリウマトレックスが出されていた。

  8. 炎症所見も、リウマチ因子も抗CCP抗体も全くないのに、リウマチ治療をされたケース

  9. リウマチ専門病院と大学病院で誤診された患者さん

  10. リウマチ因子、抗CCP抗体、抗GAL欠損IgG抗体全てマイナス。

  11. 本当にリウマチ?

  12. リウマチではないのに治療するなんて

  13. リウマチ因子も炎症所見もない。それなのにリウマチ?

  14. 全くリウマチは認められない

  15. 診断基準を満たしていないのに治療?

  16. 炎症もはっきりしないのに、リウマトレックスは不必要。生物製剤はまったく必要ない。

    炎症もはっきりしないのに、リウマトレックスは不必要。生物製剤はまったく必要ない。

PAGE TOP