抗GAL欠損IgG抗体の存在

大学病院でリウマチではなく膠原病と言われ治療していたが…
<50歳 男性>
5~6年前から、両手首や肩に痛みが出現。近医整形外科を受診。リウマチ因子はなく、プレドニンが処方された。

2年前、良くならないので、リウマチ専門医を受診。そこでもリウマチ因子はなく、膠原病だろうということで、プレドニン5㎎が継続して処方された。

しかし、多関節痛が改善せず、膠原病なので大学病院を紹介された。そこでもリウマチ因子はなく、リウマトレックス4c/週が追加して処方された。

両膝、手首、肩などの多関節痛は改善せず、大学病院でも病名がはっきりしないため、不安になり当院を受診。

持参した検査データをみてみると、MMP-3のみ軽度上昇。CRP(±)のため、リウマチ性多発筋痛症だろうと思われた。しかし検査してみると、リウマチ因子陽性、抗GAL欠損IgG抗体陽性と、リウマチの診断基準を満たしているので、典型的なリウマチと診断。多関節痛はリウマチのためだと判明。

この方の疑問点は、リウマチ因子がずっと無かったのに、今回出現したのは、ステロイドとリウマトレックスが併用されたためではないかと推測される。

リウマチ因子の有無はともかく、もっと以前に抗GAL欠損IgG抗体を調べていれば、当初からリウマチの診断がつき、適切なリウマチの治療が受けられていたということである。

関連記事

  1. 祖母と曾祖母がリウマチ。自分もリウマチ因子、抗CCP抗体もあ…

  2. リウマチ因子陽性でも活動性ないなら治療は必要ない。

  3. リウマチで受診されたが、違う病気が見つかった!

  4. リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし。

  5. リウマチの体質があるだけで治療するのは間違っている。

  6. リウマチ因子陽性のみ、炎症所見なし。

PAGE TOP