いまどきこんな治療が、大病院で…

リウマチと誤診。その後発症…

<69歳・女性>
平成29年4月、右手親指、右足裏、外反母趾に腫れや痛みが出たため、近医の整形外科を受診。そこでは、検査もしていないのにリウマチではないと言われたためおかしいと考え、専門病院を受診した。検査の結果、関節リウマチと診断され、治療の薬(プレドニゾロン2㎎/日、メトレート(2)5cap/週、リマチル200㎎/日)を処方された。

しかし、両膝の痛みは治まらず、何度も関節液が溜まったため、近医の整形外科を受診。そこでは、変形性膝関節症ということで、関節液の抜水とヒアルロン酸の注射の治療を受けていた。しかし改善せず、インターネットで当院を探し受診することとなった。

持参された検査データを見ると、「リウマチと診断されたときには、リウマチ因子もなく、炎症を表すCRPもなく、リウマチは発症していなかった。でも免疫抑制剤を数種服用したため、免疫力が極端に低下してしまって、半年後には本当にリウマチが発症していますね」と患者さんに伝えた。

またステロイドの副作用なのか、腰椎の圧迫骨折も起きていた。患者さんからステロイドを中止したいという意向があったので、まずリウマトレックスを止め、アクテムラの治療に変更することにした。

アクテムラの治療に変更し、1,2回から炎症反応は消失し、両膝から関節液もなくなり、その後3回目からは経過も良好。

これは、専門医を受診したためにリウマチと誤診を受け、治療で免疫抑制剤を処方され免疫力が低下してしまった。そのために、もともと持っていたと思われるリウマチの体質が本当に出てしまった、と考えられる稀なケースである。



具体的な治療内容 生物製剤療法
副作用・リスク ※ 注射部位反応、上気道感染、肺炎、蜂巣炎、胃腸炎

※ 個人差はありますが、事前検査や上手な自己管理で、極力副作用を抑えることができます。


その他の改善症例につきましては、
院長著書『リウマチが治った』『リウマチが治った②』をお読みください。
多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。

書籍について

いまどきこんな治療が、大病院で…

  1. CRPマイナス、MMP-3正常、リウマチの活動性なし

  2. リウマチ因子陽性のみ、炎症所見なし

  3. リウマチの体質があるだけで治療するのは間違っている

  4. リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし

  5. リウマチと誤診。その後発症…

  6. リウマチ因子陽性でも活動性ないなら治療は必要ない。

  7. 発症していないのに、たくさんの抗リウマチ剤の投与で副作用出現

  8. 抗GAL欠損IgG抗体の存在

  9. 整形外科でリウマチなのに変形性膝関節症の治療をされていた

  10. HB8.5。すぐに貧血の治療が必要!

  11. Hb7.7、血清鉄15、フェリチン5未満。極度の貧血!

  12. リウマチの活動性がないのにステロイドやリウマトレックスが出されていた!

  13. リウマチの活動性がなく発症していないのに、即断治療され、そのうえ滑膜切除術まで受け、仕事も日常生活も困難…

  14. 祖母と曾祖母がリウマチ。自分もリウマチ因子、抗CCP抗体もあるがまだ発症していない。

  15. リウマチで受診されたが、違う病気が見つかった!

  16. 呼吸器の専門で入院して治療するも、原因菌が分からないままで、逆に体調を崩してしまった!

  17. リウマチ因子、抗CCP抗体陽性。しかしCRP、MMP-3は正常値。

  18. リウマチの活動性がないのに治療されていた!

  19. ヘバーデン結節とブシャール結節

  20. 発症もしていないのに…薬で体調を崩して当院へ

  21. リウマチ因子、抗CCP抗体は陽性。しかし活動性はない=治療の必要はない!

    リウマチ因子、抗CCP抗体は陽性。しかし活動性はない=治療の必要はない!

  22. 効果のある治療を変更された

    効果のある治療を変更された

  23. リウマチ因子、抗CCP抗体ともに強陽性。「あなたは将来身体障害者になります」と言われた!

PAGE TOP