整形外科でリウマチなのに変形性膝関節症の治療をされていた

<65歳 女性>
約1年前から、膝に水が溜まるようになり、近くのリウマチを専門としている整形外科を受診。そこでは、変形性膝関節症と診断されていた。

7月にその整形外科で血液検査をしたところ、リウマチ因子と抗CCP抗体が異常に高いため、リウマチと即診断が変えられ、さらなる専門医を紹介された。しかし、転医する説明が良く理解できないため、不審に思い、紹介先には行かなかったらしい。

知人の紹介で当院を受診。検査してみると、CRP(1+)、MMP-3は195で、軽度~中等度とリウマチの活動性を認めた。第一選択として、リウマトレックス(3c/週)の投与を開始した。

1ヶ月ごとに採血するも、リウマトレックスの効果はなく、検査結果は改善しないので、4c/週に増やした。

次も効果が出なければ、リウマトレックスのノーレスポンダーで、効かないタイプかもしれないので、治療方針の変更(生物製剤)が必要と考えられる。

関連記事

  1. リウマチ因子、抗CCP抗体は陽性。しかし活動性はない。

  2. CRPマイナス、MMP-3正常。リウマチの活動性なし。

  3. 呼吸器の専門で入院して治療するも、原因菌が分からないままで、…

  4. 抗GAL欠損IgG抗体の存在

  5. リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし。

  6. リウマチの体質があるだけで治療するのは間違っている。

PAGE TOP