リウマチの活動性がなく発症していないのに、即断治療され、そのうえ滑膜切除術まで受け、仕事も日常生活も困難になった!

<49歳・女性>
平成29年10月、右中指PIP関節に少しの変形が出現。職業は美容師。

平成30年夏、リウマチ専門医を受診。血液検査を実施したところ、CRP(2+)、リウマチ因子陽性であり、すぐにリウマチと診断され、メトレート2Tを開始された。初診時から1か月後には、CRP(-)になっていたが、メトレートは3~4Tに増量した。

同病院内の整形外科に診てもらうことになり、滑膜切除術が必要な状態だと言われ、手術した。しかし、指は曲がったまま赤く腫れ、その後一向に改善せず、仕事に支障をきたすこととなった。同整形外科を受診してみても、「手術がうまくいかなかった」とは言われず、リハビリが十分継続されたかったためで、「よくなるためには、人工関節置換術しかない」と言われ帰された。そのこともあり、事態が一向に改善されないため、通院も止め、薬も中止した。

あきらめ気味で過ごしてきたが、痛みが出てきたとき。お客さんからリウマチの良い病院があると聞き、リウマチがあるのなら治してもらいたいと思い、当院を受診した。

持参された検査データをみてみると、初診時の記録が残っており、白血球が10100と上昇していた。MMP-3は検査されておらず、炎症所見は体調が悪い(感染症など)ことによる上昇と思われ、その後は正常値になっていた。メトレート2Tで効果があったにもかかわらず、主治医はそのことを確認せず、治療を継続していた。

右中指の変形は、職業的なものなのか、リウマチによるものなのかはわからないが、滑膜切除術をしたために伸びなくなり、赤く腫れたのではないかと考えられる。

所見は貧血があるのみ。当院受診前、患者さんは約半年間、メトレートの服用を中止していた。検査してみると、リウマチの活動性は認められなかった。

これらのことから、リウマチの活動性は、初めからなかったのではないかと推測される。

リウマチの活動性が認められないため、今は治療の必要がないことを伝え、指の人工関節置換術を勧め、紹介状を書いた。

関連記事

  1. リウマチと誤診。その後発症…

  2. 抗GAL欠損IgG抗体の存在

  3. リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし。

  4. HB8.5。すぐに貧血の治療が必要!

  5. リウマチ因子、抗CCP抗体ともに強陽性。「あなたは将来身体障…

  6. 整形外科でリウマチなのに変形性膝関節症の治療をされていた

PAGE TOP