リウマチ改善症例

『リウマチ因子、抗CCP抗体ともに陽性』、でも8年経過してもリウマチが一度も発症していないケース

今回ご紹介するのは、8年間リウマチが発症していないという40代女性の方です。

≪受当院初診時の所見(炎症の有無)≫
2013年、右手首に痛みが出現したため当院受診。検査してみるとリウマチ因子、抗CCP抗体は陽性でしたが、全身の炎症を表すCRPも、滑膜炎を表すMMP-3も正常値のため経過観察となりました。
数年後、職場の検診で甲状腺肥大を指摘されたため検査しました。マイクロゾームテスト 25600、抗Tg抗体 378.9、T3 2.90、T4 0.82、TSH 14.16から慢性甲状腺炎 橋本病であることが判明、治療を開始しました。
初診から6年経過した時リウマチについて再び検査すると、自己抗体である抗CCP抗体、抗核抗体は上昇していました。しかし、全身の炎症反応も滑膜炎もなく、リウマチの活動性は全く認められませんでした。
この方のように、リウマチの体質があっても長期にわたり発症していないケースがあることを知っていただけたらと思います。

リウマチの体質があるだけで予防的に薬を出したり、抗CCP抗体があったらすぐに治療をしなければいけないと思っているドクターが多くいます。しかし、リウマチの活動性がないのであれば、治療は必要ないということを理解してほしいものです。








その他の改善症例につきましては、
院長著書『リウマチが治った』『リウマチが治った②』をお読みください。
多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。

書籍について

リウマチ改善症例

  1. リウマチを疑い専門医を数件受診するもリウマチではないと言われ、どの専門医でもリウマチの検査をされなかった症例

  2. 東京の有名大学病院のリウマチ科で、発症していないのにもかかわらず、リウマチ因子、抗CCP抗体が陽性なだけで治療開始。副作用で肝障害が出現し休薬となったが、その後リウマチが発症し急速に悪化したケース。今回もアウト

  3. 『リウマチ因子、抗CCP抗体ともに陽性』、でも8年経過してもリウマチが一度も発症していないケース

  4. どこの病院に行っても治らなかった関節痛、鉄欠乏性貧血、腹水。リウマチ治療で炎症を抑えると改善。

  5. 総合病院で何年もリウマチの治療をしても全く良くならず。治療変更で炎症は消失し痛みのない生活へ。

  6. リウマチ治療、その後。

  7. ステロイド離脱。リウマチの活動性消失。

  8. プレドニン減量、活動性消失し、生活改善。

  9. 副作用の多いステロイドは離脱。症状は改善。

  10. なぜ高齢者に多量の免疫抑制剤?

  11. 高齢者に多量のステロイドやリウマトレックスが?ステロイド離脱指示。

  12. ステロイドは抗リウマチ剤ではない!

  13. 治療変更でステロイド減量、諸症状すべて消失へ。

  14. アクテムラの治療で寛解に!

  15. 間違われた診断。

  16. また!高齢なのにステロイドが投与され効果がなかったケース

  17. リウマチ発症のタイミングを検査データでとらえられた

    リウマチ発症のタイミングを検査データでとらえられた

  18. リウマチ寛解から全快へ。非常に稀なケース(抗GAL欠損IgG抗体陽性から陰性へ)

PAGE TOP