大病院で、いまどきこんな治療が…

誤診に誤診を重ねたケース②まだリウマチが発症していないのに必要のない生物製剤(シンポニー)を投与。そして副作用で出た湿疹をリウマチ性乾癬と誤診。なんと治療までしていた。

今回ご紹介するのは、リウマチ治療中に副作用と思われる皮膚症状が出現した80代女性の方です。

≪受診前の経過≫
2015年、両肩に痛みが出現したため整形外科を受診。問題ないと言われた。
新聞に大きく掲載されていたリウマチ専門医を受診。リウマチと診断され、リウマトレックスが開始となった。
2016年、生物製剤シンポニーが追加となる。
2018年2月、シンポニー2本/月となり、リウマトレックスは中止となる。
6月皮膚症状出現、リウマチ性乾癬と診断され、トルムフィアでの治療になる。
以後、夏はトレムフィア、冬はシンポニーでの治療になる。
診察の待ち時間が長く、通院にも時間がかかるため治療を中断し、ご家族がインターネットで検索し当院受診となりました。

≪当院初診時の所見(炎症の有無)≫
持参された検査データ(直近1年)をみると、リウマチ因子(+)、抗CCP抗体(-)、しかし全身の炎症を表すCRP、滑膜炎を表すMMP-3の上昇はなく、リウマチの活動性は認めれらませんでした。
診察すると、手指は変形性指関節症(ヘバーデン結節、ブシャール結節)でした。
リウマチと診断された時の検査データはありませんでしたが、変形もないため、当初からリウマチの活動性はなく、治療は必要なかったのではないかと思われました。
自発的に治療を中断し約1カ月経過していたこともあり、このまま経過観察としました。
血液検査の結果をみて、治療が必要な状態なのかを確認することにしています。

この患者さんは、皮膚症状が出現しリウマチ性乾癬と診断されたとのことでした。
しかし乾癬のような皮膚症状では全くなく湿疹のみで、病名そのものがあやしく、またシンポニーを投与すると副作用として乾癬や水疱性皮膚炎など記載されています。
乾癬だとすればまずシンポニーを中止し、乾癬が治らなければその治療を専門医でするべきなのです。

(リウマチ治療と診断された症例①および②は、同じ医師が担当した症例です。)








その他の改善症例につきましては、
院長著書『リウマチが治った』『リウマチが治った②』をお読みください。
多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。

書籍について

大病院で、いまどきこんな治療が…

  1. リウマトイド血管炎を見落とされていたケース

  2. 誤診①検査もせずにリウマチ性多発筋痛症と勝手に診断し、ステロイド剤を大量投与する。                                誤診②リウマチの活動性がないのに、免疫抑制剤や抗リウマチ薬、生物製剤を投与

  3. 寛解しているのに薬がさらに追加され続け、高額医療が継続している症例

  4. 誤診17 高齢でリウマチの活動性がなく治療は必要ないのに、生物製剤が次々と変更され、更には別の病名がつけられまた別の生物製剤が投与された

  5. 木を見て森を見ず。多すぎる抗リウマチ薬は危険。

  6. 大学病院でヘバーデン結節があるだけでリウマチと誤診され、治療を約2年されていたケース

  7. ”自然寛解”という稀なケース

  8. 炎症所見もないのに、必要のない治療がされていた

  9. リウマチの体質があるだけで、必要のないプレドニンやリウマトレックスが出されていたケース

  10. 「外反母趾の痛み」をリウマチと誤診し、プレドニン10㎎を処方した大学病院のリウマチ専門医

  11. 誤診に誤診を重ねたケース②まだリウマチが発症していないのに必要のない生物製剤(シンポニー)を投与。そして副作用で出た湿疹をリウマチ性乾癬と誤診。なんと治療までしていた。

  12. リウマチの体質があるだけで、活動性がないのに治療をされたケース

  13. リウマチ因子が陽性なだけで、活動性もないのに必要のない治療をされていた

  14. リウマチ因子や抗CCP抗体が陽性でも、炎症所見がなければ治療の必要性はない。それなのに治療をされていたケース

  15. またもリウマチ因子、抗CCP抗体が陽性なだけで、炎症反応もないのに抗リウマチ薬(リウマトレックス)が。副作用で白血球が低下し、リウマトレックスを中止してバイオ製剤を勧められたケース

  16. 大学病院や総合病院で見落とされたMCTD

  17. リウマチ因子や抗CCP抗体が陽性なだけで、活動性が全くないのにプレドニン治療が続けられていたケース

  18. 見過ごせない誤診

  19. ただの貧血なのにリウマチ科にかかったためにリウマチと誤診され、ステロイド投与。次には生物製剤導入も考えられた一例

  20. 手指や膝の痛みは、「股関節の歪み」と「鉄欠乏性貧血」が原因

  21. 原因不明の「貧血」と「炎症」・・・総合病院で輸血までされていた

  22. 近くの整形外科が不適切な抗リウマチ薬を投与…その副作用にドクターも患者さんも気がつかず

  23. 炎症もないのに手の指の変形が急速に進行

  24. 抗GAL欠損IgG抗体は陽性だった

  25. 炎症がなければ治療は必要ない

  26. ちょっと珍しい貧血のケース

  27. リウマチ因子陽性イコール治療ではない

  28. リウマチであっても治療の必要がないケース

  29. これでいいのかリウマチ医療

  30. 繰り返しあらわれる関節痛…短周期型のリウマチ?

  31. 長期間にわたるリウマチ治療も、今は活動性がないため治療の必要なし。

  32. 4年前から発症していた?

  33. ちょっと寄り道… (貧血編)

  34. CRPマイナス、MMP-3正常、リウマチの活動性なし。治療の必要はありません。

  35. リウマチ因子は陽性、しかし炎症所見はなし。

  36. リウマチの体質があるだけ

  37. リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし

  38. リウマチと誤診。その後発症…

  39. リウマチ因子陽性でも活動性ないなら治療は必要ない。

  40. 発症していないのに、たくさんの抗リウマチ剤の投与で副作用出現

  41. 抗GAL欠損IgG抗体の存在

  42. 整形外科でリウマチなのに変形性膝関節症の治療をされていた

  43. Hb8.5。すぐに貧血の治療が必要

  44. Hb7.7、血清鉄15、フェリチン5未満。極度の貧血

  45. リウマチの活動性がないのにステロイドやリウマトレックスが出されていた!

  46. リウマチの活動性がなく発症していないのに、即断治療され、そのうえ滑膜切除術まで受け、仕事も日常生活も困難…

  47. 祖母と曾祖母がリウマチ。自分もリウマチ因子、抗CCP抗体もあるがまだ発症していない。

  48. リウマチで受診されたが、違う病気が見つかった

  49. 呼吸器の専門で入院して治療するも、原因菌が分からないままで、逆に体調を崩してしまった

  50. リウマチ因子、抗CCP抗体陽性。しかしCRP、MMP-3は正常値。

  51. リウマチの活動性がないのに治療されていた

  52. ヘバーデン結節とブシャール結節

  53. 発症もしていないのに…薬で体調を崩して当院へ

  54. リウマチ因子、抗CCP抗体は陽性。しかし活動性はないので治療は必要ない

    リウマチ因子、抗CCP抗体は陽性。しかし活動性はないので治療は必要ない

  55. 効果のある治療を変更された

    効果のある治療を変更された

  56. リウマチ因子、抗CCP抗体ともに強陽性。「あなたは将来身体障害者になります」と言われた

PAGE TOP