リウマチの活動性がないのに治療されていた!

<51歳 男性>
約10年前、両肩が挙がらなくなったため、近くのリウマチを専門とする整形外科を受診。リウマチ因子、抗CCP抗体ともに強陽性のため、リウマチと診断され、メトトレキサート2cap/週を処方された。

引っ越しされ、当院を受診。手足には全く変形がなく、CRP(-)、MMP-3は正常値で、リウマチの活動性は全く認められなかったため、内服を中止していただいた。

リウマチの治療をしないまま、約5ヶ月が経過したが、活動性は認められていない。

関連記事

  1. 発症していないのに、たくさんの抗リウマチ剤の投与で副作用出現…

  2. ヘバーデン結節とブシャール結節

  3. リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし。

  4. リウマチで受診されたが、違う病気が見つかった!

  5. リウマチ因子、抗CCP抗体陽性。しかしCRP、MMP-3は正…

  6. HB8.5。すぐに貧血の治療が必要!

PAGE TOP