リウマチ因子陽性のみ、炎症所見なし。

<50歳・女性>
近くの病院でリウマチと診断され、約7年間アザルフィジン、リマチルという抗リウマチ薬2種類を投与されていた。一向に手の指の関節痛が軽減せず、「本当にリウマチなのか」と当院に来院。

リウマチ因子が陽性なだけで、CRP、MMP-3、関節の炎症は認めず。レントゲンを撮ると、変形性指関節症のみであり、リウマチの治療は必要ないため、投薬は中断。手の指の痛みは、老化(主に遺伝)による変形性指関節症と説明し、ご本人は納得された。

関連記事

  1. 祖母と曾祖母がリウマチ。自分もリウマチ因子、抗CCP抗体もあ…

  2. 整形でリウマチなのに変形性膝関節症の治療をされていた

  3. 発症していないのに、たくさんの抗リウマチ剤の投与で副作用出現…

  4. リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし。

  5. リウマチ因子陽性でも活動性ないなら治療は必要ない。

  6. リウマチの活動性がないのにステロイドやリウマトレックスが出さ…

PAGE TOP