リウマチ寛解から全快へ!非常に稀なケース (抗GAL欠損IgG抗体陽性から陰性へ)

<60歳 女性>
約7年前、関節痛が出現したため、近医のリウマチ専門病院を受診。リウマチ因子、抗CCP抗体ともにマイナスであったが、CRP 6.36、MMP-3  105.5ということでリウマチと診断され、リウマトレックス3cap/週、ステロイド3㎎/日を開始された。

1年ほど治療を続けたが、手や肩の痛みはとれず。寛解を望み、当院受診となった。

持参した検査データをみると、確かにリウマチ因子、抗CCP抗体ともにマイナスであったが、リウマチ性多発筋痛症や成人スチル病も考えられるので、鑑別をする必要があった。

検査すると、抗GAL欠損IgG抗体が陽性で、リウマチであることが判明した。治療をアクテムラ(点滴、月1回)に変更したところ、CRP、MMP-3は正常値となり、体調は改善し、3年ほど治療を継続した。

本人の申し出もあり、治療を休止してみようということになった。

痛みなどもなく、治療を休止してから約1年後に来院。検査してみると、抗GAL欠損IgG抗体は陰性であった。

さらに1年後の今年も同様の検査をするも、抗GAL欠損IgG抗体は陰性のままであった。

リウマチは全快になっているので、症状が出ない限りは来院する必要がないことを、本人に伝えた。

具体的な治療内容 生物製剤療法
副作用・リスク ※ 注射部位反応、上気道感染、肺炎、蜂巣炎、胃腸炎

※ 個人差はありますが、事前検査や上手な自己管理で、極力副作用を抑えることができます。

普通のリウマチで困っている方は、『リウマチが治った』・『リウマチが治った2』をお読みください。多数の方が、どのようにして改善したのかが詳しく書かれています。このブログでは、そこに書けなかった症例を紹介しています。

書籍について


関連記事

  1. アクテムラの治療で寛解に!

  2. また!高齢なのにステロイドが投与され効果がなかったケース

  3. ステロイドは抗リウマチ剤ではない!

  4. プレドニン減量、活動性消失し、生活改善。

  5. なぜ高齢者に多量の免疫抑制剤?

  6. 間違われた診断。

PAGE TOP