祖母と曾祖母がリウマチ。自分もリウマチ因子、抗CCP抗体もあるがまだ発症していない。

<44歳・女性>
令和元年、腰痛と右上腕挙上困難となった。祖母と曾祖母がリウマチだったこともあり、診療所を受診。リウマチ因子、抗CCP抗体ともに陽性のため、専門病院を紹介された。しかし、両手首、左第4指、右第1、2指PIP関節の腫れがあったのに、持参したデータの活動性が低いためか、検査も治療も説明も一切ないままで終了。

自分もリウマチかどうか知りたいため、当院受診。

調べてみると、リウマチ因子、抗CCP抗体共に陽性だが、リウマチの活動性を表すCRP、MMP-3はほぼ正常のため、リウマチの発症は今はないと判断した。しかし、鉄欠乏性貧血が著明で、貧血による冷えのために、諸症状が起きていると考え、貧血の治療を開始し、リウマチは経過を追っていくことにした。

関連記事

  1. 発症もしていないのに…薬で体調を崩して当院へ

  2. HB8.5。すぐに貧血の治療が必要!

  3. 発症していないのに、たくさんの抗リウマチ剤の投与で副作用出現…

  4. ヘバーデン結節とブシャール結節

  5. リウマチの活動性がないのに治療されていた!

  6. リウマチの活動性がないのにステロイドやリウマトレックスが出さ…

PAGE TOP