リウマチ因子、抗CCP抗体は陽性。しかし活動性はない=治療の必要はない!

 

指の痛みが出現したため、総合病院整形外科を受診。リウマチが疑われたため、同院内科を受診。検査より、リウマチ因子、抗CCP抗体ともに陽性、炎症も骨破壊も激しいということで、リウマトレックス4cap/週で治療が開始された。

詳しい説明もなく納得できなかったため、本当にリウマチかどうか知りたくて、当院を受診。

検査してみると、リウマチ因子、抗CCP抗体ともに陽性。しかし、CRP(—)、MMP-3は38.9と炎症所見もなく、リウマチの活動性は認められなかった。

リウマチの素因はもっているが、まだ発症していないので、今は治療の必要はないことを説明した。

関連記事

  1. リウマチ因子陽性でも活動性ないなら治療は必要ない。

  2. Hb7.7、血清鉄15、フェリチン5未満。極度の貧血!

  3. リウマチで受診されたが、違う病気が見つかった!

  4. リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし。

  5. 祖母と曾祖母がリウマチ。自分もリウマチ因子、抗CCP抗体もあ…

  6. リウマチ因子、抗CCP抗体ともに強陽性。「あなたは将来身体障…

PAGE TOP