CRPマイナス、MMP-3正常。リウマチの活動性なし。

<47歳・女性>
左足の裏が痛くて、約8か月前に近くの大学病院のリウマチ科を受診。関節リウマチと診断され、治療開始。メトトレキサート7cap/週を処方され、当院来院時には8cap/週に増え、ヒュミラの皮下注射も加わっていた。

リウマチ因子、抗CCP抗体、どちらも強陽性。持参した検査結果を見ると、初診時よりCRPはマイナス、MMP-3の推移も正常。リウマチの活動性は一度もなく、リウマチの診断基準も満たしていなかった。

当院では治療を中止し、経過観察。その後、リウマチの活動性は認められない。

関連記事

  1. リウマチ因子陽性でも活動性ないなら治療は必要ない。

  2. リウマチで受診されたが、違う病気が見つかった!

  3. リウマチ因子、抗CCP抗体は陽性。しかし活動性はない。

  4. 効果のある治療を変更された

  5. 整形外科でリウマチなのに変形性膝関節症の治療をされていた

  6. リウマチ因子、抗CCP抗体ともに強陽性。「あなたは将来身体障…

PAGE TOP