リウマチの体質があるだけでは治療の必要なし。

<64歳・女性>
平成29年11月、こわばりが時々あるので、近くのリウマチ専門医を受診。リウマチ因子、抗CCP抗体ともに強陽性であったため、すぐにリウマチと診断されて、リウマトレックスを1週間に2cap、プレドニン5㎎を毎日投与されていた。

平成30年1月、「私は本当にリウマチなのか」ということで当院を受診。聞いてみると、薬は怖いということで、リウマトレックスもプレドニンも飲んでいなかった。

検査してみると、確かにリウマチ因子、抗CCP抗体は強陽性ではあるが、CRPは0.05以下と炎症所見はなく、滑膜炎を表すMMP-3も正常値。朝のこわばりは、時々みられる程度であった。

リウマチの体質があるだけで、リウマチは発症しておらず、治療の必要はなく経過観察でよいことを患者さんに説明した。

関連記事

  1. リウマチの体質があるだけで治療するのは間違っている。

  2. 呼吸器の専門で入院して治療するも、原因菌が分からないままで、…

  3. Hb7.7、血清鉄15、フェリチン5未満。極度の貧血!

  4. ヘバーデン結節とブシャール結節

  5. 整形外科でリウマチなのに変形性膝関節症の治療をされていた

  6. 抗GAL欠損IgG抗体の存在

PAGE TOP