リウマチ因子、抗CCP抗体陽性。しかしCRP、MMP-3は正常値。

<38歳・女性>
平成28年、左手首に痛みが出現したため、近くの整形外科を受診したが、検査も何もしなかったため医院を変えた。その医院にて検査をしたところ、リウマチの疑いがあるとのことで、専門医を紹介された。

専門医では、リウマチ因子が陽性なので、関節エコーを撮りリウマチの所見があるということで、リウマチと診断され薬を処方された。薬はプレドニン、サラゾスルファピリジン。症状は特別変化はなかったが、リウマチ因子が高値のままだったため、生物製剤のエンブレル皮下注の導入・変更になった。しかし副作用が出現したため中止。その後シムジア皮下注に変えたが、同様に副作用が出たため中止された。そしてオレンシアの点滴(月1回)を続けていた。

2年以上治療を続けてきたが、当初からCRPもマイナスで、指にも変形がないので、自分は本当にリウマチなのかと思い、ネットでリウマチの名医を調べた。「CRPがマイナス、本当にリウマチ?」などで検索すると当院がヒットしたので、セカンドオピニオンとして受診。

持参されたデータから、リウマチ因子と抗CCP抗体は共に陽性で、リウマチの体質は持っているけれど、CRPもMMP-3も初めから正常値なので、リウマチは一度も発症していなかったのではないかと本人に伝え、今はオレンシアの点滴の必要性はない旨を説明した。

本人は妊娠を希望されており、オレンシアは中止したので、14週後からは妊娠に問題ないと言われている話をした。

関連記事

  1. HB8.5。すぐに貧血の治療が必要!

  2. CRPマイナス、MMP-3正常。リウマチの活動性なし。

  3. リウマチの活動性がないのに治療されていた!

  4. リウマチと誤診。その後発症…

  5. リウマチで受診されたが、違う病気が見つかった!

  6. リウマチ因子陽性のみ、炎症所見なし。

PAGE TOP